« Ol’55 -トム・ウェイツ- | トップページ | 同じことさ -ザ・バンド- »

2008年5月 5日 (月)

ワォーター・イズ・ワイド(The Water is Wide)  -リズ・カーライル-

                ~愛の摂理~

この河は広くて

渡ることはできません
そして空を飛ぶ翼も持ち合わせていません
誰か私に舟をください
2人で渡れる舟をください
そうすれば2人で漕いでこの河を渡るでしょう
私の愛する人と2人で
ここに1艘の船があり
帆を張り海に出ます
船は沈む込むくらい荷を積み込んでいます
海の底に沈んでしまうくらいに深く
でもどんなに深く沈んでも
私の愛よりは深くはないでしょう
私には溺れ方も泳ぎ方もわかりませんが

愛とは美しいものです
そして愛とはすばらしいものです
どんなに愛らしい花でも
咲き始めは新鮮できれいです
でも花と同じで愛はすぐ老いてしまいます
ロウ細工のように固まってしまいます
やがて枯れてしまいます
夏の露のように

私に舟をください
2人で渡れる舟をください
そうすれば2人で漕いで渡るでしょう
私の愛する人と2人で
そうすれば2人で漕いで渡るでしょう
私の愛する人と2人で

【解説】
曲名は知らなくても、この穏やかな旋律はTVのコマーシャルなどで耳にしたことがあると思います。
この曲は、トラディショナル・フォークソングで多くのフォーク系の歌手に歌い継がれています。
ジョーン・バエズ、カーラ・ボノフ、クリス・ヒルマン、ロジャー・マッギン、ジェイムス・テイラー、
クリフ・リチャード、バーブラ・ストライサンドなど枚挙に遑がありません。
トラディショナル・フォークソングなので、歌詞も幾通りもあるそうです。
ここではリズ・カーライル『ワォーター・イズ・ワイド』のバージョンを紹介しました。

|

« Ol’55 -トム・ウェイツ- | トップページ | 同じことさ -ザ・バンド- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。