« リー・ショア(Lee Shore)     -CSN&Y- | トップページ | 金色の髪の少女(Sister Golden Hair) - America - »

2008年5月27日 (火)

バンドリーダーの贈り物(The Leader of The Band)     -ダン・フォーゲルバーグー

                     ~親父から受け継いだもの~

親父は一人っ子で、気性の荒い家具職人の息子だった

親父は後を継がず別の職につきたかった

でも親父の胸のうちは誰にも理解してもらえなかった

親父は家を飛び出し、一人で孤独な路を歩み始めた

そして俺は親父から才能を譲り受けた、それは恩返ししようもないもの

寡黙な音楽家の親父は、自分の運命を呪った

父は一度兵士になろうとしたが、でも音楽を志す気持ちははそうさせなかった

演奏の訓練で稼ぐようになった、雷のように響く音色、繊細な指技

父の職人技を習得するには、何年もかかった

バンドリーダーだった父は疲れ、彼の目は老いてしまった

だが、父の血は、私の腕の中に流れている、彼の歌は私の魂の中に在る

俺の人生なんて、親父のもの真似をやってきただけのことだった

俺は、バンドリーダーの父からしっかり受け継いだよ

俺の兄弟の生活は違った、別の呼び出しがあれば

ある兄弟は、シカゴに行き、別の兄弟はセントポールに出かけた

そして俺はといえば、ホテル泊まりでないときは、コロラドに定住している

自分の選んだ生活をし、それもよくわかってきた

父の音楽、そしてあなたのロードストーリーに感謝

俺の時代になったんだ、好きなことをできるこの自由に感謝する

ああなたの優しさ、あなたの戦った時代に感謝

そうだ親父、今まで充分愛しているなんて口に出したことはなかったと思う

俺は、バンドリーダーの父からしっかり受け継いだよ

【解説】
ひとりのCSN&Yといわれた男、ダン・フォーゲルバーグの傑作『イノセント・エイジ』の中の名曲3連作のひとつである。曲も歌詞もいい、苦難を乗り越え音楽家になり、その才能を息子にさずけた父。そして息子の父への感謝と尊敬の念。
日本では母親に対する歌は数あれど、父親を尊敬する歌など聴いたことがないな。
発売当時(82年)は、イーグルスのドン・ヘンリーからお歳暮が届いた歌かと思っていたが、歌詞を読み解くと、こんないい内容だったなんて。
ダン・フォーゲルバーグ氏は、2007年12月16日に、がんで亡くなりました。享年56歳でした。ご冥福をお祈りいたします。

|

« リー・ショア(Lee Shore)     -CSN&Y- | トップページ | 金色の髪の少女(Sister Golden Hair) - America - »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103349/41344556

この記事へのトラックバック一覧です: バンドリーダーの贈り物(The Leader of The Band)     -ダン・フォーゲルバーグー:

« リー・ショア(Lee Shore)     -CSN&Y- | トップページ | 金色の髪の少女(Sister Golden Hair) - America - »