« 金色の髪の少女(Sister Golden Hair) - America - | トップページ | 詩人(Poetry Man)      - フィービ・スノウ - »

2008年6月 7日 (土)

ユー・アー・ザ・ウーマン(You are the woman)   -ファイアフォール-

                          by リック・ロバーツ

                       ~夢にまで見たいい女~

君はいつも夢の中でずっと探してきた女性だよ
初めからわかっていたんだ
君の顔を見たとき、それが見納めになるってことを、僕の心では
君が僕にかける言葉は少しでいい
何もしなくていいよ

君が僕に近づくたびに胸はときめくんだ
僕は君に釘付けさ
君の可愛い顔を見るだけで充分だ
君の着ている服なんか問題じゃないよ
君が僕を見る何ともいえない眼差し
それで僕は金縛り状態さ

僕の感じる愛をすべて君に伝えるのは難しいよ
でも口に出すなんて僕の性にあわないよ
君は僕を虜にしちまった
君が微笑むたびに、ワォー

君はいつも夢の中でずっと探してきた女性だよ
初めからわかっていたんだ
君の顔を見たとき、それが見納めになるってことを、僕の心の中では
僕の心の中では、オー ワォー マイ ハート 

【解説】

ウェストコーストというよりカントリー・ロック。コロラド出身の5人組「ファイアファール」の76年にTOP9位まで上った名曲。AOR寄りの哀愁を誘うメロディーと伴奏のフルートがいい。

本作の入ってるデヴューアルバム「ファイアフォール」は、「リヴィン・エイント・リヴィン」「メキシコ」、「シンデレラ」、「イッツ・ダズンツ・マター」他いい曲揃いです。ファイアフォールのヒット曲のほとんどは、佐藤蛾次郎似のおっさんリック・ロバーツのソングライティングです。フライング・ブリトー時代も「コロラド」という名曲を残しています。

歌詞の内容は、夢にまで見た理想の女に虜になった僕の気持ちを語っています。

|

« 金色の髪の少女(Sister Golden Hair) - America - | トップページ | 詩人(Poetry Man)      - フィービ・スノウ - »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。