« アメリカン・モーニング(Just When I need you most) - ランディ・ヴァンワォーマ ー | トップページ | メニー・クラシック・モーメンツ(Many Classic Moments)       - カラパナ ー »

2008年7月20日 (日)

砂浜の乙女(The Girls On The Beach) - ビーチ・ボーイズ -

                        ~夏のビーチは刺激的~

                                                                    By Brian Wilson

ビーチで君はたくさんの女の子を目にするだろう

太陽としょっぱい潮風の中で

ビーチの女の子たちは

みんな君の手の届くところにいるんだぜ

やる気さえあればね

 

俺たちも一緒にビーチで横になりたいな

褐色の日焼けをした女の子

ビーチの女の子たちは

みんな手の届くところにいるんだぜ

その中の一人は君を待ってるかも知れないんだぜ

 

太陽の光は彼女の髪に降り注ぎ

暖かい風が流れる

ある夏の日の光景さ

 

太陽が見えなくなるまで沈んできて

夜になれば砂浜でカップルさ

ビーチの女の子たちは

みんな手の届くところにいるんだぜ

そして今夜は男たちと一緒に過ごす

 

ビーチの女の子たちよ、ビーチの女の子たちよ

ビーチの女の子たちよ、ビーチの女の子たちよ

 

【解説】夏はなんといってもビーチ・ボーイズです。もう海水浴に行かなくなって久しいが、夏になるとビーチ・ボーイズの曲を引っぱり出してきてしまう。ビーチボーイズというと『ペット・サウンズ』、幻の『スマイル』とかが音楽的に価値があるとか取りざたにされるが、私にとって初期のサーフィン、カーソングが最高である。ブライアン・ウィルソンという最高のインドア・ミュージシャンによって作り出された最高のアウトドア・ミュージックである。ただ歌詞の内容は、わざわざ和訳する価値はないけれど。

(NO.26)

|

« アメリカン・モーニング(Just When I need you most) - ランディ・ヴァンワォーマ ー | トップページ | メニー・クラシック・モーメンツ(Many Classic Moments)       - カラパナ ー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。