« ゼア・シー・ゴー(There She Goes)                - ザ・ラーズ(The La's) - | トップページ | オン・ザ・ビーチ(On The Beach) - クリス・レア(Chris Rea) - »

2008年8月 3日 (日)

サンキュー(Thank You) - Pale fountains -

                              ~ありがとう~

                              By Michael head

ありがとう、君が言おうとしてくれて

また別の日があるよ

こんな素敵な時間をくれてありがとう

それでいいと思うよ

 

こんな素敵な場所をくれてありがとう

エミリー、君の名を口にするよ

こんな素敵な時間をくれてありがとう

それでいいと思うよ

 

そうだ、僕たちはそこに行こう

そこには僕を待っている何かがあるんだ

僕がなろうとしている意味の奥深さを自分でわかっているんだ

それが正しいんだよ、僕は間に合うさ

そこには僕を待っている何かがあるんだ

 

僕は自分で考えたさ

僕には居場所なんか無いんだ

僕の愛の内面は深いのは自分でわかっている

 

それでいいんだ、まだ間に合うさ

そこには僕を待っているものがあるのさ

僕は自由になろうとしてるんじゃないよ

 

僕は自分で考えたさ

僕には居場所なんか無いんだ

僕の愛の内面は深いのは自分でわかっている

僕はそうしょうと努力してるんだ

 

ありがとう、君が言おうとしてくれて

別の言い方があったかも知れないね

そんな素敵な時間をくれてありがとう

それでいいと思うよ

 

それで正しかったんだ

そう、それで良かったんだ、僕は間に合うさ

僕を待っているものがあるんだ

 

【解説】 これもネオ・アコの名作『ハイランド・ハードレイン』と並ぶ、ペイル・ファウンテンズの名作『パシフィック・ストリート』の必殺の名曲である。商業的にはメジャーになれなかったが、音楽評論では上位に評価されています。この「サンキュー」は、UKチャートで48位を記録しています。とにかく、一度聴くとメロディー・ラインが耳に残ります。とくにサビの”God say right"という部分が、ねぶた祭りの「ラッセ・ラ」に聴こえてしまうのは、私だけの空耳現象なのか。

ペイル・ファウンテンズもラーズと同様、リバプール出身のギターバンド。ただギターよりもトランペットなどのホーンアレンジが施されていて、曲調は大いに異なる。(NO.31)

|

« ゼア・シー・ゴー(There She Goes)                - ザ・ラーズ(The La's) - | トップページ | オン・ザ・ビーチ(On The Beach) - クリス・レア(Chris Rea) - »