« 青い影(Whiter Shade Of Pale)       プロコル・ハルム(Procol Harum) | トップページ | アントニオの歌(Antonio's Song) - マイケル・フランクス(Michael Franks) - »

2008年8月30日 (土)

天国への階段(Stairway To Heaven)      - レッド・ツェッペリン(LED ZEPPELIN) -

【解説】オリンピック閉会式にあのジミー・ペイジが出演。そしてあの「胸いっぱいの愛を(Whole Lotta Love)」を演奏。ただしボーカルはロバート・プラントではなく、レオナ・ルイスというペイジからすると孫娘くらいにあたる若いロンドン娘。ペイジもイギリスでは、国民栄誉的ロッカーなんだ。

ツェッペリンを後追いでしか聴いた事のない私が、最初に聴いた曲がこの「天国への階段」だった。ちょうど高校の音楽の授業にグループで楽器演奏する課題があって、アコースティック・ギターでソロの部分も含めて完コピーしたやつがいて、初めて曲名を知ったのだった。そいつの紹介でさっそくLPを買ってA面は擦り切れるほど聴いたが、B面はほとんど聴かなかったな。(最初のアルペジオくらいはギターで弾けるようになって満足していたな)

ツェッペリンというより、ロック史上に残る名曲である。曲は美しいアコースティック・ギターのアルペジオとメランコリーな調べを奏でるリコーダーで始まる導入部部分。エレクトリック12弦ギターに変わる第二部、そしてジャジャ・ジャンというファンファーレのようなギターをかき鳴らして、あのギターソロが始まる第三部。ギターソロの後は、プラントのボーカルは一転して高音のシャウトに変わる。最後に一旦静かになり、プラントのゆっくりした一節で終わる。まさに静から動、そして最後に静へ戻る。曲の構成も素晴らしいものがある。

さて歌詞は、難解だ。ツェッペリンは黒魔術に関係しているとかいう噂もあり、レコードを逆回転させると悪魔崇拝のメッセージが聴こえるという風説もあった。

「すべての物を黄金に変える錬金術に長けた女がいて、天国へ行く階段を買おうとしている」 その女に習って、錬金術でお金を手にし、天国への階段を買おうとしている人(金のために魂を売るような拝金主義者)に対して警鐘を鳴らしているのだ。「お金で天国の階段なんか手に入らないんだ。風に掛けられた階段さ。冷静に考えればわかるはずさ。まだ引き返す時間はたっぷりあるよ。万物は、死ねばただの石ころになるだけさ、転がらない石にね。」と勝手に解釈した。でも当の本人のプラントは「歌詞に深い意味はない、成り行きでできた曲さ」と答えたらしい。

                                                by Jimmy Page and Robert Plant

この世で光るものはすべて黄金だと信じているひとりの女がいる

そして彼女は天国へ行ける階段を買おうとしている

彼女は天国への階段を売っている店に着いたとき

もし店が閉まっていても、一声掛ければ

求めるものが手に入れられることを、彼女はわかっているんだ

そして彼女は天国へ行ける階段を買おうとしている

店屋の壁に標示板があっても、彼女は店の人に確かめようとするんだ

なぜなら、時には言葉というのは2つの意味を含んでいるからね

 

小川のほとりの一本の木に、時々美しい声で鳴く一羽の小鳥がいる

私たちの頭の中は、不安だらけである

オー、私を惑わせる

オー、私を惑わせる

 

私が西の方角を見たとき、ある感情が湧き起こった

私の精神は、私から離れようともがいている

私の頭の中に、木々の間から煙の輪が立ち上がる光景を、以前どこかで

見たことがあったような記憶がよみがえった

そして、それを立ったまま眺めている人々の声が耳に蘇る

 

オー、私を惑わせる

オー、私を惑わせる

笛吹きの囁く声が聞こえる

もし私たちがみんな、すぐにでもその調べの演奏を笛吹きに要求すれば

笛吹きはその調べを奏で、私たちを理性の悟りへと導くであろう

そして長い間立ち続けている人のために、夜が明け新しい一日が訪れるだろう

そして森の中は笑い声で反響する

 

もし君の生垣に、ガサガサと物音がしても

今は驚かないでいいよ

それはメイ・クイーンのために春の掃除をしているだけなんだ

そう、君には引き返せる2通りの道があるんだ

でも結局は、まだ君の選ぶ道を変える時間は充分にあるさ

そうさ私を惑わせる

 

君の頭の中はブンブン音がして、鳴り止まない

もし君が知らないといけないので言っておくが

それは笛吹きが君を仲間に入れようと、誘っているささやき声なんだ

ねえ彼女、君には風の吹く音が聞こえないかい

君もわかっただろ、君の天国への階段はざわざわと音をたてる風に掛けられて

いるんだ

私たちが曲がりくねった道を降りてくると、影は魂よりより高くなる

そこにみんなが知っているあの女が歩いているよ

彼女はなんでも磨いて白光りにする

そしてすべてのものを黄金に変える方法を教えようとする

もし君が注意深く耳を澄ませば、その笛の調べは君にも聞こえるだろう

すべてがひとつになって、そしてひとつがすべてになったとき

1つの石になるんだ、転がらない石に

 

そして彼女は天国へ行ける階段を買おうとしている

(NO.38)

|

« 青い影(Whiter Shade Of Pale)       プロコル・ハルム(Procol Harum) | トップページ | アントニオの歌(Antonio's Song) - マイケル・フランクス(Michael Franks) - »