« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月28日 (火)

66%の誘惑(Two Out Of Three Ain't Bad)         ミートローフ(Meat Loaf)

Bat_out_of_hell

【解説】ロック界きってのデブキャラ、ミートローフの一大ロック・バラード。やはりデブは声量がいい。作詞作曲はジョン・スタインマン、プロデュースはトッド・ラングレン。 この曲は1978年のアルバム『地獄のロック・ライダー(Bat Out Of Hell)』の中の1曲で、同年に全米11位を記録しています。アルバム自体はロングセラーとなり、全世界で3700万枚以上売り上げたといわれています。このアルバムで売れ線を狙ったのか、『地獄のロック・ライダーⅢ」まで出ました。デブのルックスのせいか、日本では人気はありませんでした。さて歌詞はオペラ作家のジョン・スタインマンでストリー性がありそうだが、よく読むと長たらしく仰々しいだけで内容はなし。夢を追い続ける女を徹夜で説得し続けるまじめな男の話。タイトルの「3分の2の確率でダメでない」ってことは、「66%は成功するから安心しろ」ってこと。表現が2重否定が多く、よくわからん。

                   ~3分の2の確率論~

                          By ジョン・スタインマン

恋人よ、夜通し話し明かそうよ
でもそんなことをしたって、何にもならないわけじゃないよ
俺が話せることは全部君に語りつくしたよ
もう俺の胸の中には何にも残ってやしないよ
たぶん君は一晩中泣き尽くしてもいいんだよ
でも、それで俺の気持ちが揺らがないだろうけど
外では雪が降り積もっている
俺を置いて一人にさせないでくれよ

俺はコップに水を注いでは、また汲み出してしてるようなものさ
俺が君のことをどんなに心配してるか
君にわかってもらおうと必死だったんだ
俺は話し疲れてしまったよ
声がかすれ叫び声を上げることもできないよ
でも君は長い時間、俺に冷たかったね
俺は涙のかわりに、凍りついたツララの涙を流しているよ

この俺に出来ることはこう言い続けることだけさ
俺は君が欲しい
俺には君が必要さ
でも----俺が君を愛し続けることは、できないことじゃない
さあ悲しまないで
なぜなら2/3がダメってことじゃないからね

砂浜で金貨は探せっこないよ
街の通りで石油を掘り当てることはできないよ
君のやってることは岩山でルビーを探してるようなものさ
クラッカー・ジャックの箱の底に、キャデラックを隠すことはできないよ

俺には嘘をつくことができないんだ
見栄を張って自分の肩書きを良く言うことはできないよ
どんなに頑張ったって
俺が今まで手したこともないようなものを
君に与えることも出来ない

.俺が愛してきた、たった一人の女がいる
そいつはもう何年も前のことだったけどね
俺はわかってるさ、これからも彼女を忘れることができないことを
彼女は俺とよりを戻してくれなかったけど
オー、俺にはわかっているさ
俺は覚えているよ、彼女が嵐の夜に出て行った情景をね
彼女は俺に口づけをしベットから出て行った
俺は言い訳をし、ドアを出ないように頼んだけれど
彼女は荷物を詰めて、出て行ってしまった

そして彼女は俺に話し続けた、俺に話し続けた
俺は君が欲しい
俺には君が必要さ
でも----俺が君を愛し続けることは、できないことじゃない
さあ悲しまないで
なぜなら2/3がダメってことじゃないからね

(No.45)

| | コメント (0)

2008年10月26日 (日)

ロミオの歌(Romeo's Tune)                  スティーヴ・フォーバート(Steve Forbert)

【解説】1978年の『Alive On Arrival 』でスティーヴ・フォーバートが登場したときは、ディスコ・ミュージックに聞き飽きた耳には新鮮だった。ミシシッピからギター一本でNYにやって来た若者が、大都会の荒廃した光景や若者の心情を歌にする。評論家たちも絶賛してニュー・ディランとか持ち上げたものだった。彼の魅力は、しゃがれたハスキーボイスと粗野で粗削りの若さや力強さだった。「ロミオの歌」は2作目のアルバム『Jackrabbit Slim』の中の1曲で、80年に全米11位になっている。
そういえば、長渕剛のアルバム『乾杯』の中に「プライベート」という曲があり、冒頭の歌詞に同じフレーズが出てくる。
「一晩中会ってくれ    すべてハイと答えてくれ    今日も君の部屋から  やさしい口づけ持っといで」
手持ちのCDの歌詞カードでは作詞作曲編曲は長渕剛だった。洋楽の訳詞を勝手に使うのは盗作?
この曲は、亡くなったスープリームスのオリジナル・メンバー、フローレンス・バラードに捧げられている。

まっ昼間に俺と会ってくれ
君の口からすべてOKだって聞かせてくれ
君の部屋から南国のキッスを持ってきて
真夜中に俺と会ってくれ
君の香水、月の香りを嗅がせてくれ

オー、神様も時代も持ち上げたり、落としめたりするものさ
いつもは、もっと違う何かがあるんだよ
話しても無駄だぜ、時間の浪費だぜ
それは前にみんな話しちまったことだぜ
見せかけの仮面の裏側には、涙があるのさ
俺は誰かに心配させたくなるほど多くのことを求めやしないさ
今はそれでいいんだ

まっ真昼間に俺と会ってくれ
君の口からすべてOKだって聞かせてくれ
輝く太陽の下へさあ飛び出そう

真夜中に俺と会ってくれ
君の口からすべてOKだって聞かせてくれ
星空の下へこっそりと出かけて走りだそう
オー、イエー、オー、イエー、イエー、オー、イエー

そいつが王様だろうが、女王様だろうが
今俺たちはシャンデリアの向こうへくりだすんだ
そこでは俺は自分の心を表す必要がないだろうし、君は聞く必要もない
ニュースや後から考え直したこと、色んな場面の断片を
俺たちは灯りの後ろで寄り添って、雑誌のように色あせるのさ

まっ昼間に俺と会ってくれ
君の口からすべてOKだって聞かせてくれ
君の部屋から南国のキッスを持ってきて

ヘイ、ヘイ、真夜中に俺と会ってくれ
君の口からすべてOKだって聞かせてくれ
君の香水、月の香りを嗅がせてくれ

オー今、まっ昼間に俺と会ってくれ
君の口からすべてOKだって聞かせてくれ
君の微笑を俺に返してくれ

ヘイ、真夜中に俺と会ってくれ
君の口からすべてOKだって聞かせてくれ
しっかり俺を抱きしめてくれ
そうさ愛と愛することは自由さ

(No.54)

| | コメント (0)

2008年10月25日 (土)

ウェルカム・バック(Welcome Back)             ジョン・セバスチャン(John Sebastian)

I38052hlibb_2

【解説】ジョン・セバスチャンの1976年発表『Welcome Back』のタイトルソングで、全米1位に輝きました。ジョン・トラボルタ主演の人気コメディー『Welcome Back,Kotter』の主題歌だそうです。不良少年の通う高校へ戻った高校教師のことを歌ったものです。ジョン・セバスチャンの音楽の魅力は、ほのぼのとした和やかさ、暖かさでしょうか。とくにハーモニカ演奏は、ソロの演奏家としての実力で、アルバム『Welcome Back』には、明るいワォームな曲が多く、楽しいアルバムです。

                             ~お帰り~

                          By John Sebastian

お帰り、君の夢は期限切れの切符のようだったね
君が笑いものにしていた、昔と同じ懐かしい場所へよく戻ってきたね
そうだね、君がいなくなってから、生徒の名前は
すべて変わってしまったけどね
でも、君の夢はやり残されたままで、夢の種類が変わっちまったけどね
夢が君をここに呼び戻したなんて、誰も想像しなかったけどね
ここに戻ってきたら、僕たちは君を必要としているんだ
そう、俺たちは、たまに会えば目一杯からかってしまうのさ
お帰り、よく戻ってきたね

俺たちはいつでも友達を見つけることができるね
お帰り
そして君が元気だったかどうか考えるだけで、顔が綻んでしまうんだ
君が教えていたどんな場面でも知っているよ
そこには君をまた復帰させる何かがあったんだね
そして、それが君をここに呼び戻したんだね

(NO.53)

| | コメント (0)

2008年10月18日 (土)

シャウト・ツゥ・ザ・トップ(Shout to the top)        スタイル・カウンシル(The Style Council)

【解説】曲名は知らなくても、どこかで耳にしたことがあるはず。フジTVのワイドショー『とくダネ』のオープニングでかかっている、おしゃれでポップで乗りのいい曲です。ポール・ウェラーのスタイル・カウンシルの名曲で1984年の作品です。彼らの音楽は、ジャズやソウル、パンク、ニューウェイヴ、ネオアコまで様々な音楽がミックスされています。当時バブル全盛時代、日本でもおしゃれな音楽として歓迎されました。ただし歌詞は労働者階級の若者の怒りを表した、プロテスト・ソングです。英語を聞き取れない日本人にとっては、ただのおしゃれなロックなのでしょう。『若者よ、今こそ上層階級に向かって声をあげて叫ぶんだ!』格差社会で喘ぐまさに時代にマッチしたオープニング曲ですね。優等生みたいに人生の応援歌ばかり唄わないで、日本でもこういう過激な歌を唄う、骨のあるアーティストが出てきた欲しいものです。

                         ~若者よ叫ぶんだ~

 俺は中途半端に不安で、困った状態だった
そして雨が降ってきたとき、俺はひざまづき祈ったんだ
俺は言った「オー、聖なる神よ、どうか俺の魂を清めてくれ、
今まですべてのオファーに目を通してきたが
まったく心が動かされないんだ」って
俺は家に帰る途中だったが、半分狂いかけていた
そして俺がそのとき目にする店のショー・ウィンドはどれも同じに見えたんだ
俺は頼んだよ「俺の人生を救うために神のお告げをください」って
なぜなら現在、俺の周りには確かなものは何も無いんだから

君にも解るだろ、自分が生まれた時から状況が何も変わってないっていう
現実を初めて知ったときは、それは恐ろしいことだぜ
そして(このまま踏み留まった方がいいと)誰に頼まれたわけではないが
俺はいつも毎日自分に言い聞かせているんだ
背中を叩かれたときに、お前の人生は転落さ
底辺に落ちてしまって喘いでいるときには、トップにいる奴らに
叫ぶ以外に何もないんだぜ
俺たちはトップにいる奴等に声をあげて叫ぶんだ!
俺たちはトップにいる奴等に声をあげて叫ぶんだ!

(NO.52)

| | コメント (0)

シャノン(Shannon)            - ヘンリー・グロス(Henry Gross)-

【解説】シャ・ナ・ナの初代ギタリスト、ヘンリー・グロスの曲で、全米6位にまであがりました。シャノンというのはビーチボーイズのカール・ウィルソンの愛犬の名前で、愛犬を失った家族の悲しみを綴った歌詞です。ヘンリーのファルセット・ボイスがせつなく胸に迫ります。

                     ~愛犬シャノン~

シャノンがいなくなって、もう1日経ったね

ママはまた疲れちゃったと嘆くけど

誰もママに話しかけることさえできないよ

僕も何を言っていいのかわからないよ

でも状況は好転しているかも

パパはここにいたの?

 

きっとパパはママに話したんだろう

シャノンは逝ってしまったんだって

僕は願うよ、シャノンは海の上を漂っていることを

シャノンはいつも遠くまで泳ぐのが好きだったから

たぶん海の向こうに浮かぶ島を見つけたのだろう

木が生い茂って日陰のある島さ

うちの裏庭にある木陰のような場所さ

ママは「シャノンはまた帰って来るよ」って言い張り

必死で平然を装うとする

なぜか平静を保っているが

哀しみをすべて自分の中に閉じ込めようとする

でも最後には僕たちの目からは涙が溢れてきた

シャノンは今夜どこかで、僕たちが寂しがっているを

感じているのだろう

(NO.51)

| | コメント (0)

2008年10月11日 (土)

ユア・オンリー・ロンリー(You're Only Lonely)     -JDサウザー( J.D.Souther) -

【解説】スパートランプの「ブレックファースト・イン・アメリカ」とかが、ヒットしていた1979年このイントロの郷愁を誘うリズムセクションのオールドなノリに惹かれました。J.D.サウザーは、6人目のイーグルスといわれたぐらい、数々のヒット曲のソングラィターとして名を連ねています。シンガーとしては3作目の本作で、商業的に成功しました。タイトル曲は、全米7位、アダルト・コンテンポラリー・チャートでは1位を記録しています。

アルバム『ユア・オンリー・ロンリー』では、本曲以外にも「White Rythm And Blues」「Last In Love」の粒ぞろいの曲があり、それぞれリンダ・ロンシュタットとニコレット・ラーソンに提供しています。歌詞の内容は「お前が寂しいときは、いつも俺を呼んでくれよ」という、よくあるラヴソングです。甘すぎるラヴソングも過多に聞くとうんざりで、4作目の『Home By Dawn』(1984年)では、失敗に終わっています。

                      ~お前に俺が最後の男~

世界が敵に周り、お前の小さい肩にのしかかって来たときや
お前が寂しさを感じ、弱気なときは
そばにいてやさしくお前を抱きしめてくれる人が必要さ
俺の名前を呼んでくれよ
お前が一人ぼっちで寂しいときは

そんなに恥ずかしがらなくていいよ
お前が一人ぼっちで寂しいときはね
お前がつらい夜に、そばに寄り添う人が必要なときは
覚えておいておくれ、お前が女王様のように振舞っていた時も
俺はそばにいたことを
皆が離れていったとしても俺はお前のそばに残る最後の男だよ
だから俺の名前を呼んでくれよ
お前が一人ぼっちで寂しいときは

そんなに恥ずかしがらなくていいよ
お前が一人ぼっちで寂しいときはね

だから俺の名前を呼んでくれよ
お前が一人ぼっちで寂しいときは
そんなに恥ずかしがらなくていいよ
お前が一人ぼっちで寂しいときはね

(No.50)

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

ブレックファースト・イン・アメリカ(Breakfast in America) - Supertramp -

【解説】あの頃(1979年)よくTVのCMでも流されていました。アルバム『Breakfast IN America』自体は、全米ビルボード1位を記録したが、タイトル曲は62位どまり、日本では大ヒットし、オリコンの2位にまであがっています。アルバムの「ロジカル・ソング」は6位を記録してます。「落ち葉のコンチェルト」と同様、日本人の耳にだけ受けるメロなのでしょうか。スパートランプは英国出身のバンドで、この歌詞の内容のようにアメリカにあこがれ、市場を求めアメリカへ進出をはかり、このアルバムで成功を果たすわけです。歌詞はアメリカにあこがれたロジャー少年が、アメリカを皮肉るという、ジャケット同様、、アイロニー、ひねりの利いた内容です。ロジャー・ホジソンのハイトーン・ボイスと眼鏡男のクラリネットがいい感じです。

                      ~アメリカの朝食は~

 By Roger Hodgson

僕のガールフレンドを見てくれよ
僕のたったひとりのガールフレンドだけど
ガールフレンドたって、そんなに大したことはないけどね
でも高望みはできないからね

ジャンボ機に乗って、大西洋を渡るのさ
アメリカを見てみたいな
カリフォルニアの女の子たちに会いたいな
いつか実現できるといいんだけどね
でも僕ができることなんかしれたもの

朝食にニシンの燻製を食べたいな
ねえママ、お願いママ
テキサスでもみんな食べてるって
だってみんなが百万長者だからね

僕は勝者であり犯罪者でもある
僕のサインが欲しいかい
僕は敗者、冗談だけど
君に冗談を吹っかけているだけさ
そんなことしかやることがないからね

僕のガールフレンドを見てくれよ
僕のたったひとりのガールフレンドだけど
ガールフレンドたって、そんなに大したことはないけどね
でも高望みはできないからね

(NO49)

| | コメント (0)

2008年10月 5日 (日)

溢れる愛(Lotta Love)           -ニコレット・ラーソン - 

【解説】ニコレット・ラーソンのデヴュー・アルバムのジャケット写真は、少女のよう無垢で可愛かった。後で知ったのだが、デヴュー当時は26歳ですでに結婚していたらしいが。その後2回相手を変えたらしいが、(→アンドリュー→ラス・カンケル)。残念ながら、ウェストコーストの歌姫も1997年に45歳の若さでなくなってしまった。「溢れる愛」は、ニール・ヤングの曲で、ニールのバック・ボーカルをやっていたときに、たまたまデモテープを見つけ歌わしてくれと頼んだらしい。79年に全米8位にまで上がっている。元曲とボーカルはもちろんだが、サックスとフルートのアレンジがいい。ニール・ヤングの『カムズ・タイム』に入っているオリジナルと比べるとアレンジの違いは明らかだ。

                    ~胸いっぱいの愛を~ 

                    By Neil Young

溢れんばかりの愛が必要だわ

この現状を変えるためには

溢れんばかりの愛が必要だわ

そうでなきゃ、私たちそんな遠いところへたどり着けないわ

だからあなたは私の方を見ても

目を合わせようとしないのね

私のハートは保護が必要よ、だから私自身もそうなの

 

溢れんばかりの愛が必要だわ

私たちが夜を過ごすためには

溢れんばかりの愛が必要だわ

私たちの恋愛を成就させるためにはね

あなたが私を待つために外に居てくれているなら

すぐに私の前に現れてよ

私のハートは寂しさでなく、安らぎが必要なのよ

 

溢れんばかりの愛をください

溢れんばかりの愛をください

(NO.48)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

シルバー・レイヴァン(Silver Raven)            - ジーン・クラーク(Gene Clark) -

【解説】バーズ脱退後のジーン・クラークは、ソングライターとしていい楽曲を残すが、商業的には成功しなかった。彼の最高傑作は1971年の『White Light』である。ジャケットがいい。真っ黒な闇に浮かぶ満月を背にギターケースに腰を掛けるジーン・クラークのシルエット。派手さはまったくないが、ジェシ・エド・デイヴィスのギターを背景に、渋い味わい深い楽曲が並ぶ。「シルバー・レイヴァン」は、1974年にアサイラム・レコードに移り、豪華なバックアップといい、アレンジといい手と金を掛けた『No Other』のなかの1作。皮肉にもオーバープロヅュース気味の他の作品より、ギター一本の弾き語りで歌う「シルバー・レイヴァン」が一番いい出来映えだった。ジーンの哀愁を帯びたメロディー、独特の節回し、が好きだ。1991年に亡くなったが、現在も未発表音源の発掘盤、編集盤が出される。歌詞は、ワタリガラスに呼びかける形式になっているが、ツアーに明け暮れるミュージシャンの自分を例えたものと想像される。

                     ~俺は孤独な渡りガラス~

君は銀色の渡りガラスを見たことがあるかい

ヤツは翼を持っていて、どこへでも飛ぶことができるのさ

暗い海のはるか上を飛び、危険な空のはるか上空を飛ぶ

君は姿を変えていく川を見たことがあるかい

今にも涸れ果ててしまうような川さ

だが海が満潮になると、川は流れを変えるのさ

 

君は眺めが変わっていく窓を見たことがあるかい

星の彼方まで見える海の窓さ

そして太陽の光の届かない空、君の夢を越えた世界が見えるのさ

 

君は古い世界がすたれていくのを見たことがあるかい

古い世界もかつては新しい世界と、もてはやされていたんだがね

 

君は銀色の渡りガラスを見たことがあるかい

ヤツはかすかに光る翼を持ってるのさ

ヤツが太陽の周りを旋回するとき

太陽の光を受けてかろうじて光るのさ、かすかに光るのさ

ヤツは試練が始まったことを自分の姉妹に告げようとするのさ

(No.47)

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »