« シャノン(Shannon)            - ヘンリー・グロス(Henry Gross)- | トップページ | ウェルカム・バック(Welcome Back)             ジョン・セバスチャン(John Sebastian) »

2008年10月18日 (土)

シャウト・ツゥ・ザ・トップ(Shout to the top)        スタイル・カウンシル(The Style Council)

【解説】曲名は知らなくても、どこかで耳にしたことがあるはず。フジTVのワイドショー『とくダネ』のオープニングでかかっている、おしゃれでポップで乗りのいい曲です。ポール・ウェラーのスタイル・カウンシルの名曲で1984年の作品です。彼らの音楽は、ジャズやソウル、パンク、ニューウェイヴ、ネオアコまで様々な音楽がミックスされています。当時バブル全盛時代、日本でもおしゃれな音楽として歓迎されました。ただし歌詞は労働者階級の若者の怒りを表した、プロテスト・ソングです。英語を聞き取れない日本人にとっては、ただのおしゃれなロックなのでしょう。『若者よ、今こそ上層階級に向かって声をあげて叫ぶんだ!』格差社会で喘ぐまさに時代にマッチしたオープニング曲ですね。優等生みたいに人生の応援歌ばかり唄わないで、日本でもこういう過激な歌を唄う、骨のあるアーティストが出てきた欲しいものです。

                         ~若者よ叫ぶんだ~

 俺は中途半端に不安で、困った状態だった
そして雨が降ってきたとき、俺はひざまづき祈ったんだ
俺は言った「オー、聖なる神よ、どうか俺の魂を清めてくれ、
今まですべてのオファーに目を通してきたが
まったく心が動かされないんだ」って
俺は家に帰る途中だったが、半分狂いかけていた
そして俺がそのとき目にする店のショー・ウィンドはどれも同じに見えたんだ
俺は頼んだよ「俺の人生を救うために神のお告げをください」って
なぜなら現在、俺の周りには確かなものは何も無いんだから

君にも解るだろ、自分が生まれた時から状況が何も変わってないっていう
現実を初めて知ったときは、それは恐ろしいことだぜ
そして(このまま踏み留まった方がいいと)誰に頼まれたわけではないが
俺はいつも毎日自分に言い聞かせているんだ
背中を叩かれたときに、お前の人生は転落さ
底辺に落ちてしまって喘いでいるときには、トップにいる奴らに
叫ぶ以外に何もないんだぜ
俺たちはトップにいる奴等に声をあげて叫ぶんだ!
俺たちはトップにいる奴等に声をあげて叫ぶんだ!

(NO.52)

|

« シャノン(Shannon)            - ヘンリー・グロス(Henry Gross)- | トップページ | ウェルカム・バック(Welcome Back)             ジョン・セバスチャン(John Sebastian) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。