« 悲しきサルタン(Sultans of Swing) ダイアー・スツレイツ | トップページ | ランブリング・マン(Rambling Man)           - オールマン・ブラザース(Allman Brothers)- »

2008年11月 6日 (木)

メシアが再び(The Messiah will come again)    ロイ・ブキャナン(Roy Buchanan)

Roybuchanan

【解説】「悲しきサルタン」の歌詞の中に、 「ギターのジョージは鳴きのギターが嫌いだ」というのがありましたが、このロイ・ブキャナンの「メシアが再び」は、フェンダー・テレキャスターでまさに究極の鳴きのギターを聞かせてくれます。レコードではメロディーのあるボーカルでなく、語りが入っています。旧約聖書の中にでてくるような歌詞です。

                       ~メシアは再びやってくる~

               By Roy Buchanan

そこにある町があった

誰も知らない小さな町だった、人々はその町を世界とよんだ

ある日、一人のよそ者が現れるまでは

寂しい、寂しい小さな町だった

その男の来訪に町の人々は喜んだ

そしてこの悲しい小さな町は再び幸せになった

しかし人々の心には何か疑惑があったのだ

人々はその男を信用しなくなった、だからその男を馬鹿にした

やがてそのよそ者はその町を逃げ出したのだ

そしてその小さな町はもとの悲しい町に戻った

今日は昨日よりもっと悲しくなった

私は訪れるべきでないたくさんの場所を歩いた

でも私にはわかっている、メシアが

メシアが再びやって来るってってことを

(NO.58)

|

« 悲しきサルタン(Sultans of Swing) ダイアー・スツレイツ | トップページ | ランブリング・マン(Rambling Man)           - オールマン・ブラザース(Allman Brothers)- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。