« 愛は風にのせて(Tired Of Toein' The Line)        ロッキー・バーネット(Rockey Burnette) | トップページ | セヴン・ブリッジズ・ロード(Seven Bridges Road) Steve Young »

2009年1月31日 (土)

ミスター・ボージャングル(Nr.Bojangles) ニッテイ・グリッティ・ダーツ・バンド(NGDB)

Cauj1ec9cagskga7can4tzr5ca5x068qc_4   

【解説】数多くのアーティストにカバーされている、カントリーの名曲である。最もポピュラーなのはニッテイ・グリッティ・ダーツ・バンド(NGDB)の『アンクル・チャーリーと愛犬ペッディ』でのカバーか。カントリーながら1971年に全米TOP9位まで上りました。オリジナルはジェリー・ジェフ・ワォーカーです。歌詞は、昔ダンスで腕を鳴らしたボージャングルおじさんと豚箱で出会い自慢のダンスを披露され、愛犬との昔話を聞かされるという内容。
『アンクル・チャーリーと愛犬ペッディ』には、もうひとつの名曲「プー横丁の家」(ケニー・ロギンス作)も聴き物です。

          ~豚箱のダンサー~
                 
By Jerry Jeff Walker

俺はボージャングルさんていう一人の男と知り合いだったんだ
ヤツは皆のためにダンスを披露してくれたんだ、くたびれた靴でね
白髪でボロボロのワイシャツとだぶだぶのズボンでね
そして古いタップシューズで
やつは結構高く跳ぶんだ、高く跳んで
そして軽々と着地するんだ

ボージャングルさん、ボージャングルさん
ボージャングルさん、踊っておくれよ

俺がやつに会ったのは、ニューオーリンズの留置所の監房さ
俺が一文無しの頃だったよ
ヤツは俺を見ていたんだ、煙が消え入るような年寄りの目さ

ヤツは人生について語ってくれた、人生についてね
ヤツは足を叩いて大きな声で笑ったものさ

ヤツは自分の名をボージャングルって明かしたんだ
それからちょっとばかしダンスを披露してくれたんだ
狭い監房の中でね

ヤツは自分のズボンをつかむと、羽の生えたように
高くジャンプするんだ
ヤツがヒールでタップを鳴らすと笑いの渦さ、笑いの渦さ
そして自分の着ている上着を後ろに放り投げるんだ

ヤツはミンストレル・ショーや南部地方のダンス大会で活躍したという
愛犬を連れて旅回りの15年の歳月を涙ながらに語ってくれたんだ
ヤツの愛犬は命を全うして死んだんだって
それから20年間ヤツはずっと愛犬の死を悲しんでいるという

ヤツは言う、チャンスがあれば安酒場でダンスを披露しているそうだ
1杯の酒とわずかなチップでね
でもほとんどの時間はこの豚箱で過ごしているのさ、ちょっと飲みすぎでね
そう言ってヤツは首を振るんだ、首を振りながら
誰かのリクエストが聞こえたよ
お願いします

ボージャングルさん、ボージャングルさん
ボージャングルさん、踊っておくれよ

(NO.81)

|

« 愛は風にのせて(Tired Of Toein' The Line)        ロッキー・バーネット(Rockey Burnette) | トップページ | セヴン・ブリッジズ・ロード(Seven Bridges Road) Steve Young »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。