« 君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You) -Boys Town Gang - | トップページ | ミスター・ボージャングル(Nr.Bojangles) ニッテイ・グリッティ・ダーツ・バンド(NGDB) »

2009年1月24日 (土)

愛は風にのせて(Tired Of Toein' The Line)        ロッキー・バーネット(Rockey Burnette)

Rockey_burnette

【解説】昔買ったシングル盤の中のお勧め曲。ギターがジャカ・ジャカと乗りのいいロックです。80年に全米8位まで上りましたが、シングルのみでLP盤はお目にかかったことはない。世間ではいわゆる一発屋とか言われています。シングル盤のジャケット写真はオペーション・ギターを抱えて指をくるくる廻している。日本の一発屋の円広志(『飛んで飛んで....)を連想させた。ロッキー・バーネットは家柄は良く、父は『ユア・シックス・ティーン』のジョニー・バーネット、従兄弟のビリー・バーネットは、リンジー・バッキンガム脱退後のフリートウッド・マックのメンバーでもあった。

邦題は『愛は風にのせて』だが、"Toein' The Line "とは、命令に服する、習慣を守るという意味。歌詞の内容も、うるさい女から逃げる歌で、爽やかな風とは関連がない。

                ~お前からの解放~

                                                         By ROCKEY BURNETT

ねえお前
俺はお前の命令に従うのは飽き飽きだよ
なぜお前は、俺に食ってかかるのかわかんないよ
お前、お前、お前
俺を泣かせるよ

ねえお前
俺は自分の中に新しい自分を見つけたんだ
それが真実の姿かもしれないね
もうこれ以上、命令に従うのはよすよ

もう終わりだとわかっているけど
そのきざしが見えるよ
君の貴重な時間を無駄にさせないでおくれ

ねえお前
俺はお前の命令に従うのは飽き飽きだよ
君が僕と縁を切りたいなら
お前、お前、お前
立派なことをしな

ねえお前
俺はワォーキング・シューズを履いてるところだ
そしてお前を後に残して、出かけてしまうんだ

お前は俺に何度も侘び、反省をしているふりをする
でも俺の傷ついたハートを修復することはできないよ

(NO.81)

|

« 君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You) -Boys Town Gang - | トップページ | ミスター・ボージャングル(Nr.Bojangles) ニッテイ・グリッティ・ダーツ・バンド(NGDB) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。