« セヴン・ブリッジズ・ロード(Seven Bridges Road) Steve Young | トップページ | うわさの男(Everybody's Talkin') ハリー・ニルソン(Harry Nilsson)                 »

2009年2月15日 (日)

ウィリン(Willin') - リトル・フィート(Little Feat) -

E517cab92abd511e_4   

【解説】これもロード・ソングというか、ドライヴィング・ソングの名曲。リトル・フィートのローウェル・ジョージの曲で、「ウィリン」。名曲でカバーも多く、リンダ・ロンシュタット、ライ・クーダ、バーズのが有名。リトル・フィート自身もファースト、セカンド、ライヴアルバムで3度ー取り上げている。歌詞の内容はアメリカ南部とメキシコを密輸のトレイラーを走らせる酔いどれトラック野郎の唄である。トゥーカムカリ(アリゾナ州)、ツーサン(ニューメキシコ州)、テハチャピ(カリフォルニア州)、トノバ(ネバダ州)などアメリカ南部の地名が出てくる。訳すまで「ウィリン」は、女性の名前だと思っていた。"I am willing to do" の"willn'"だった。

                         ~トラック野郎の唄~

                                  By Lowell George

俺は長い間トレイラーを運転してきたよ
雨に進路をねじ曲げられ、雪に追い立てられてきた
俺は酔っらいで、身なりも汚い、わかんねえか?
でも俺はまだやる気はあるぜ
昨夜、道を外れ走っていたら俺の可愛いアリスを見かけたよ
通る車のヘッドライトに照らされたアリスの姿をね
アリス、ダラス生まれのアリスさ

俺はトゥーカムカリからツーソンへ行ったものさ
テハチャピからトノバへも
どんな種類のトレイラーだって運転してきたさ、どんな古い型でもね
裏道をぶっとばすから、重量制限なんかお構いなしさ
もし俺に頼みごとをするならマリファナを遣せ
白い粉、そしてワインさ
俺に合図をよこしてくれよ
喜んで運ぶぜ

風に蹴り飛ばされ、みぞれに身包みを剥がされ
俺の頭の中は粉々に砕かれちまったよ
でもまだ自分の足で立ってるよ、まだやる気だってあるよ、
今俺はタバコと人を密輸しているのさ
メキシコに行く度、陽に焼けちまって、そのままさ
(NO.84)

|

« セヴン・ブリッジズ・ロード(Seven Bridges Road) Steve Young | トップページ | うわさの男(Everybody's Talkin') ハリー・ニルソン(Harry Nilsson)                 »

コメント

承諾いただきありがとうございます。
早速拝借させていただきました。

この曲、こちらの訳を読むまではちょっとピンとこなかったんです。メロディーはすごく良いし、何かを感じてはいたんですけど。

私ももう少し、歌詞カードの対訳には懐疑的になった方が良さそうですね。勉強になりました。

投稿: basonari | 2009年8月27日 (木) 21時39分

basonariさんへ
歌詞カードの対訳は、直訳、誤訳、いい加減なものが大半です。プロの翻訳家がこれですから、素人の訳詞ブログはもっといい加減で、内容が解った気になっただけの自己満足に過ぎません。日本語の詞にしたって解釈の仕方は何通りもあるべきものですから、外国語は当然です。拙者の幼稚な和訳に納得いただけるなら引用は大歓迎です。

投稿: 隊長 | 2009年8月23日 (日) 12時59分

ぶしつけに失礼いたします。
『ウィリン』の歌詞について検索していて、こちらにたどり着きました。

私のお粗末なブログにてこの曲についてのエントリを書くつもりでいたのですが、こちらの日本語訳、そのまま引用させていただいてもよろしいでしょうか?

私の持っているCDの歌詞カードには、小倉ゆう子さんという方の対訳が載っているのですが、これには不満があり、どうしても引用する気になれないもので・・・。

投稿: basonari | 2009年8月17日 (月) 17時36分

この記事へのコメントは終了しました。

« セヴン・ブリッジズ・ロード(Seven Bridges Road) Steve Young | トップページ | うわさの男(Everybody's Talkin') ハリー・ニルソン(Harry Nilsson)                 »