« フール・ストップ・ザ・レイン(Who'll stop the rain)            CCR | トップページ | ユア・サマー・ドリーム(Your Summer Dream)    ビーチ・ボーイズ(Beach Boys) »

2009年7月 2日 (木)

サタデー・イン・ザ・パーク(Saturday In The Park)       シカゴ(Chicago)

【解説】土曜日の昼下がり、公園を散歩しながらI-PODでよく聴いていた。
土曜日で明日も休みだという、精神的に余裕のある、のんびりした雰囲気を醸し出す曲。
シカゴの「サタデー・イン・ザ・パーク」である。1972年に全米ビルボード3位を記録。
日本でも度々、TV-CMに使われるおなじみの曲。
 でも歌詞を読めば、ただ休日の公園の情景を歌ったものではない。
曲の雰囲気とは裏腹に、反戦ソングとも読み取れる、メッセージ・ソングである。
7月4日とは、アメリカの独立記念日である。曲の作られた1972年はベトナム戦争も終結間近の時期。
土曜日の公園でのんびり過ごす人もいれば、戦場で生死を賭けた修羅場を駆け抜ける人もいる。「本当の祝福を僕たち皆んなは待っているのさ。僕は長い間待っていたのさ、今日という日をね。」
この詩は戦争の終結を待ち望む平和の願いがこめられたものなのだろう。
奇しくも今年の7月4日は土曜日である。
残念ながら私は公園でなく、会社で仕事である。

              ~7月4日は独立記念日~

                                          
By Robert Lamm

土曜日の公園だったね
あれは7月4日、独立記念日だったと思うよ
土曜日の公園だったね
あれは7月4日、独立記念日だったと思うよ
みんな踊っているよ、みんな笑っているよ
アイスクリーム売りの男がいて
イタリア語の歌を歌っている
(*********)
君には分かるかい?(もちろん、わかるよ)
そうさ僕はこんなに長い間ずっと待っていたのさ
この土曜日をね

土曜日の公園だったね
君はあれは7月4日、独立記念日だったと思うかい
土曜日の公園だったね
君はあれは7月4日、独立記念日だったと思うかい
みんなおしゃべりをし、心から笑っているよ
ギターを弾いている男がいて
僕たちみんなのために歌を歌っているよ
彼が世界を変える手助けをしてあげなよ
君に分かるかい?(もちろん分かるさ)
そうさ僕はこんなに長い間ずっと待っていたのさ
今日という日をね

のんきなライダーは独立記念日の旗を掲げているよ
ブロンズ像の男(ワシントン)の言葉は今も生きているんだろうか
『子供たちよ耳を傾けな
戦争に負けたからって
すべてを失ったわけじゃないんだ
すべてを失ったわけじゃないんだ』

おかしな日の公園だった
毎日が7月4日独立記念日さ
おかしな日の公園だった
毎日が7月4日独立記念日さ
みんな手を伸ばし、触れ合う
本当の祝福が
僕たちみんなを待っているのさ
僕たちが望むなら、本当に望むなら
君に分かるかい?(もちろん分かるさ)
そして僕はこんなに長い間ずっと待っていたのさ
この日を
(NO.116)

|

« フール・ストップ・ザ・レイン(Who'll stop the rain)            CCR | トップページ | ユア・サマー・ドリーム(Your Summer Dream)    ビーチ・ボーイズ(Beach Boys) »

コメント

先日、ラジオを聞いていて、この曲ながれてきました。
よく耳にするけど、一体どんなことを歌ってるんだろうと、
気になって英語詞を眺めてみたけど全く意味不明でした。
解説してくださってどうもありがとうございました。paper

投稿: | 2013年3月 5日 (火) 11時46分

この記事へのコメントは終了しました。

« フール・ストップ・ザ・レイン(Who'll stop the rain)            CCR | トップページ | ユア・サマー・ドリーム(Your Summer Dream)    ビーチ・ボーイズ(Beach Boys) »