« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月27日 (日)

限りなき戦い(The Battle Of Evermore) レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)

【解説】マンドリンを使用したロックの名曲「限りなき戦い」。
ジミー・ペイジがジョン・ポール・ジョーンズのマンドリンをいじくっていて、あのリフを思いついたという。
フェアポート・コンヴェンションのサンデー・デニーとロバート・プラントとの掛け合いは、2度と再現できない奇跡の競演である。
歌詞は指輪物語の第三部「王の帰還」のベレンノール野の合戦を題材にしているという。








                指輪物語  ~戦士の休息~

                                                    By Robert Plant

光の女王は弓を手に取り、それから女王は出陣の決断を行った
平和の王子は暗闇を受け入れ、夜の闇を一人で歩いていった


オー、夜の闇のなかでダンスを踊れ
朝の光に合わせて歌うんだ
闇の支配者は今夜権力を手に入れる
そして時は僕たちにすべてを語るだろう

オー、鋤と鍬を投げ捨てろ、今では私の弓と競い合う武器だ

並び合って権力を待っている、すべての中で最も暗い権力を

谷の下方から騎馬隊の悲鳴が聞こえる
私はアヴァロンのエンジェルが現れるのを待っている
東方からの来光を待っているのだ

その谷に育つリンゴは幸福の種をつけるという
手厚い手入れによってその土地は肥え
そのことを人々は忘れない、忘れない
オー、夜の闇のなかでダンスを踊るんだ
朝日に向かって歌うのさ

リンゴは茶色や黒色に変色し
専制君主の顔は赤いままだ

オー戦争は繰り返し行われる、君の剣を手に取り、放つ
空は善と悪に満ち溢れてる、人は決してそれを知らない

夜は長い、時間のビーズはゆっくり過ぎる
日の出の明るさに眩んだ目は、東の来光を待っている

戦いの最中の痛みは戦いの終った後の悲しみよりましだ
太鼓の音は城郭を揺るがし、リングの生霊は黒い馬に跨る

君の弓を挙げるように歌え、前よりも真っ直ぐに射るんだ
顔を冷たく照らす夜の篝火は、何の慰みにもならない

夜の闇の中でダンスを踊れ、朝日に向かって歌え
魔法の呪文が金色で書かれている、均衡を取り戻すために
取り戻すんだ

とうとう太陽は輝き、青い雲はちぎれ
闇のドラゴンから炎があがり、太陽の光は彼らの目をくらます

オー、取り戻すんだ、取り戻すんだ
(NO.130)

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

セフテンバー(September)                       アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth,Wind & Fire)

Earthwindandfireseptember7inchsingl

解説】曲を決める際に私なりのポリシーがあり、季節感を大切にしたいということ。
現在、秋の特集と銘打ちながら、なかなか秋の洋楽が思いつかない。
今回は、ストレートにタイトルから秋、アース・ウィンド・ファイアーの「セフテンバー」。
1979年全米ビルボード8位、ディスコ全盛期の名曲でした。
さて、歌詞は愛の醒めた12月に、愛の芽生えた9月21日の夜のことを思い出して、という内容。


9月21日の思い出

                                 By Maurice White

9月21日の夜を覚えてる?
愛は思わせぶりのあなたの心を変えていったの
おまけに憂鬱な雲のような気分は追い払ってくれたわ

あの頃私たちのハートは高鳴っていたね
魂の底から歌声を上げるような高いキーだったね
私たちが、夜中じゅう踊っている間に
星たちがどうやってこっそり姿を消したかも覚えているほどよ

あなたは覚えているかしら?
9月に一緒に踊ったことを
あの日は曇ってはなっかったね

私の思いはあなたと一緒よ
あなたの手を握りしめるわ
あなたを知るためあなたのハートも一緒にね
下ネタと愛だけだったけれど
どのように愛が芽生えたか思い出して

今は12月だけど、9月に分かち合ったあの愛を思い出すわ
下ネタと愛だけだったけれど
私たちは今も真の愛を分かち合っていることを思い出して

あなたは覚えているかしら?
9月に一緒に踊ったことを
あの日は曇ってはなっかったね

あなたは覚えているかしら?
9月に一緒に踊ったことを
ゴールデン・ドリームは輝いた日だったね

いくつかのベルは鳴り響いてた
私たちの魂は歌声をあげて
あなたは覚えている、曇りでなっか日のことを

(NO.129)

| | コメント (1)

2009年9月13日 (日)

ルージング・マイ・リリジョン(Losing My Religion)                       R.E.M

【解説】マンドリンの名曲シリーズ。ロッド・スチュアートのマギー・メイ」、スティックスの「ボート・オン・ザ・リバーから中断していたので、再開。
R.E..Mの「Losing My Religion」です。マンドリンの伴奏が軽快な名曲ですが、歌詞は意味不明なところが多い。
"Losing My Religion"は「宗教を捨てる」ではなく、"Lose my temper"と同義語だという説もあるので、「平常心を失う」ととらえた。
自分に振り向いてくれない片思いの彼女に、自信をなくす自分。
いろいろ努力するが、うまくいかない。
彼女が笑ってくれた気がした、彼女に好意がある気がしたけど。
でもそれは夢だったんだ。
「宗教からの離脱の歌」と思いきや、ただの「失恋の歌」でした。




         ひと言多い僕

オー、人生というのは、大きいものさ
君の存在よりずっと大きいのさ
そう、君と僕では違うけどね
僕の行こうとしているところへは長い道のりさ
君の目から見ても遠いところさ
おっといけない、言い過ぎっちまったな
やっちゃったな

そこの隅っこにいるのが僕だよ
スポットライトが当たっているのが俺だよ
(僕の存在に気づいてくれよ)
僕は自信を失いそうだよ
君に合わせようとしてるんだけど
僕にできるかどうか分かんないけどね
おっといけない、言い過ぎっちまったな
いや、言い足りなかったかもしれないけど

君が笑っているのが聞こえたと思ったんだ
君の歌が聞こえたと思ったんだ
君が僕を好きになろうとしている兆しが見えたと思ったんだ

起きてる間中、ぶつぶつ一人言をつぶやく度に
僕は懺悔の言葉を口にしている
君から目を離さないようにしてるんだ
傷ついて道に迷った目の見えない馬鹿な男のようだね
おっといけない、言い過ぎっちまったな
やっちゃったな

こう考えよう
時代が手がかりになるのさ
こう考えよう
自分が自分に屈服するような過ちを犯したってことさ
こんな夢物語がすべて実現したらどうなるかって
また言い過ぎっちまったな

あんたが笑っているのが聞こえたと思ったんだ
あんたの歌が聞こえたと思ったんだ
君が僕を好きになろうとしている兆しが見えたと思ったんだ

でもそれはただの夢だったんだ
頑張って、泣いて、飛んで、また頑張ったんだけど
それはただの夢だったんだ
ただの夢さ
ただの夢さ、夢さ

(NO.128)

| | コメント (0)

2009年9月 5日 (土)

ロンガー(Longer) ダン・フォーゲルバーグ(Dan Fogelberg)

【解説】秋にあうセンチメンタルな曲を1曲紹介。
ダン・フォーゲルバーグの1980年アルバム『Phoenix』から「ロンガー」。
地味な曲だが全米チャート2位まで上がりました。
このロマンチックな曲をダン・フォーゲルバーグはマウイ島でハンモックに寝そべりながら星を見上げて一晩で仕上げたという。アコースティック・ギターの調べがやさしく、メロディだけでなく、詞がまた良い。このあとダンは大傑作の『イノセント・エイジ』を発表することになる。
【ダン・フォーゲルバーグのその他の曲】
バンドリーダーの贈り物  
懐かしき恋人の歌
曲はもちろんのこと、詞も一読の価値あり。



     ~長~く、深~く愛して~

                            By Dan Fogelberg

海に魚が棲息し始めた時より長く
空高く飛び立つどんな鳥より高く
天上に星が輝き始めた時よりも長く
僕はずっと君を愛して続けてきた

どんな険しい山にそびえ立つ聖堂より強く
どんなに立派に育った木よりも誠実に
どんな原生林よりも深く
僕は君を愛しているよ

冬には僕が暖炉に火をつけよう
春には君が恵みの雨を呼ぶだろう
秋と冬は避けて飛び立とう
愛というふたりの翼で

長年の間に火の勢いが弱まるように
僕たちの人生の台本の一行が燃えていく
修復したひび割れやページは黄ばみ始めても
僕は君を愛し続けるだろう

海に魚が棲息し始めた時より長く
空高く飛び立つどんな鳥より高く
天上に星が輝き始めた時よりも長く
僕はずっと君を愛して続けてきた
僕は君を愛しているよ

(NO.127)

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »