« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年11月22日 (日)

500 MILES(500マイル)  ピーター・ポール・アンド・マリー(Peter,Paul & Mary)

【解説】TVドラマのBGMで、懐かしいこの歌が流れていた。
哀愁を帯びたリフレインが郷愁を誘う曲はピーター・ポール・アンド・マリーの「500マイル」であった。ピーター・ポール・アンド・マリーは1960年代に活躍した男2人、女1人のフォーク・グループだ。当時、PPMの「パフ」、「悲しみのジェットプレーン」とかよく聴いていたっけ。PPMの曲は当時流行ったフォークギターの格好の練習曲だった。
さて原曲は、フォーク・シンガー「へディー・ウェスト」の作で、後にフーターズもカバーしている。仕事を求めて故郷を遠く離れて暮らす、貧しい労働者の悲しい歌である。
そういえば、どこかでよく似たタイトルの曲があったかと思っていたら、プリテンダーズの「2000マイルズ」があった。




~故郷を離れて~

俺の乗っているこの列車に間に合わなければ
お前を置いて行っちまったと思ってくれ
100マイル先から汽笛がお前の耳に届くだろう

100マイル先から
100マイル先から
100マイル先から
100マイル先から
汽笛がお前の耳に届くだろう

神さま、俺は100マイル
いや200マイル、、、300マイル、、、、400マイル
500マイルも故郷から離れたところに来ちまったよ

500マイル
500マイル
500マイル
500マイル
神さま俺は500マイルも故郷から離れたところに来ちまったよ

身に着けるシャツもない
自分の小銭もない
神さま、こんなに遠いと故郷には帰れないよ

こんなに遠いと
こんなに遠いと
こんなに遠いと
こんなに遠いと
故郷には帰れないよ、こんな遠いと

俺の乗っているこの列車に間に合わなければ
お前を置いて行っちまったと思ってくれ
100マイル先から汽笛がお前の耳に届くだろう

(NO.136)

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »