« 悲しきリンク切れ                   Youtube | トップページ | ミュージシャン(Musician) シルバー(SILVER) »

2010年10月 9日 (土)

麗しのボストン(Please Come Home To Boston) デイヴ・ロギンス(Dave Loggins)

カントリー系の歌手が全米ビルボードのトップ10に入ることがある。
日本では演歌がオリコン・チャート・トップ10に入るようなものである。
1974年全米5位を記録した「麗しのボストン」もカントリー系のシンガー・
ソングライター「デイヴ・ロギンス」の自作曲である。
ケニー・ロギンスとは従兄弟の関係だとか。
さて歌詞の内容は
放浪の旅を続けるミュージシャンの男と故郷で安住を望む女とのやり取り
カントリー・ソングによくあるテーマだ。
男はボストンからデンバーへと旅の各地で女に呼びかける
最後はロスで永住しようと呼びかけるが、女のほうは
決まって同じ返事。「帰って来いよ」





~帰って来いよ~
                                        By Dave Loggins

春になればボストンへ来ないか
俺は友達とここに滞在しているんだ
やつはたくさん部屋を持ってるんだ
道端で君の描いた絵を売ることもできるよ
俺がそのうちにアルバイトっしようと思っているカフェの側さ
お願いだ、ボストンへ来てくれよ
彼女は嫌だと言ったよ
「あんたこそ私の元に帰っておいでよ。」 とね

そして彼女はこう言ったよ
「放浪もの、ちょっとは落ち着きなさいよ
ボストンはあんたに合うような街じゃないわ
金もないだろうし、私のような優しい女もいやしない
私はね、テネシー出身の歌手の一番のファンなんだから」

雪の降るデンバーへ来ないか
誰も人のいないような山の中へ引っ越すんだ
そして谷に向かって「俺はお前を愛しているぞ~」って叫ぶんだ
こだまが返ってくるまで、寝ないで夜中じゅう横になっているよ
お願いだ、デンバーへ来てくれよ
彼女の返事はこうだ
「あんたこそ私の元に帰っておいでよ。」 とね

今じゃ俺は漂流者、国じゅうをぐるぐる廻り続けているのさ
この旅に終わりがあるとは思わないさ
失った夢もあるし、探し求めてきた夢もある
手にすることのできなかったこと
俺はまだあきらめないさ
俺の歌を聞いてくれる人がいる限りね

生涯暮らすためにロスへおいでよ
一人ぼっちのカリフォルニアの生活はきつ過ぎるよ
海をはるかに見下ろせるような一軒家に住んでるんだ
そこでは空から降り注ぐ星が見える
丘の上に住んでいるんだ
ロサンゼルスへおいでよ
彼女の返事はこうだ
「あんたこそ私の元に帰っておいでよ。」 とね

私はね、テネシー出身の歌手の一番のファンなんだから」
(NO.141)

|

« 悲しきリンク切れ                   Youtube | トップページ | ミュージシャン(Musician) シルバー(SILVER) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。