乗りのいい名曲

2009年8月21日 (金)

ロコモーション(The Loco-Motion)                グランド・ファンク(Grand Funk)

【解説】最近TVのCMでやたら耳にする曲である。SMAPの出てるソフトバンクのCM
グランドファンクの「ロコモーション(The Loco-Motion)」である。名曲は時代を超えるといわれるが、オリジナルは1962年のリトル・エヴァ盤である。作詞・作曲はあのジェリー・ゴーフィン&キャロル・キングである。そしてこのグランドファンク盤は1974年のリバイバル・ヒットである。さらに1987年にカイリー・ミノーグがヒットさせること、同じ曲が時代を超えて全米トップ5位内が3回という快挙をなしとげている。
さて歌詞の内容は、ロコモーションというライン・ダンスのダンス・ソングである。
1962年はダンス・ブームだったらしい、ツイストが大ブームで、「ツイスト・アンド・シャウト」も62年に生まれたらしい。

                踊ろよベイビー

                                     By Gerry Goffin

誰もがはまってる、今一番新しいダンスさ
おいでベイビー、ロコモーションを踊ろうよ
チャンスがあるなら踊ってみな
君はきっと気に入るだろうね
おいでベイビー、ロコモーションを踊ろうよ
僕の小っちゃい妹だって簡単に踊れるよ
ABCを習うより簡単さ
だからおいでおいで、僕と一緒にロコモーションを踊ろうよ
今じゃ君は腰をフリフリさせるようになったね

さあおいで
さあおいで
飛び上がって
後ろにジャンプして

オー、君はコツをつかんだみたいだね
オー、ワー、ワー

君もできるようになったから、さあ輪になって踊ろうよ
おいでベイビー、ロコモーションを踊ろうよ
機関車のようなチャガチャガの動きさ
おいでベイビー、ロコモーションを踊ろうよ

かっこよく、そして気楽に踊りなよ、でも乱れないようにね
ちょっぴりのリズム感と目一杯の精魂を込めてね
だから、おいで、おいで、僕と一緒にロコモーションを踊ろうよ

フロア中をロコモーションで踊り回ろう
おいでベイビー、ロコモーションを踊ろうよ
君もわかったら、手をつないでね
おいでベイビー、ロコモーションを踊ろうよ
こんな簡単なダンスは今までなかったよね
気分が憂鬱な時も、踊ればハッピーになれるよ
だから、おいで、おいで、僕と一緒にロコモーションを踊ろうよ
おいでベイビー、ロコモーションを踊ろうよ
だから、おいで、おいで、僕と一緒にロコモーションを踊ろうよ
おいでベイビー、ロコモーションを踊ろうよ
(NO.124)

| | コメント (2)

2009年5月23日 (土)

魔法を信じるかい?(Do You Believe In Magic) ラヴィン・スプーンフル(The Lovin' Spoonful)

【解説】ときとなく古い曲を聴きたくなるときがある、とびきり乗りのいいグッド・タイム・ミュージックを。「魔法を信じるかい?」は、ジョン・セバスチャン率いるラヴィン・スプーンフルのデヴュー曲で全米9位にまであがったまさにグッド・タイム・ミュージックである。
歌詞はロックンロールの魔法を高々と歌い上げたもの。
ソロになってからの全米トップに輝いた「ウェルカム・バック」も訳詞あり。

~ロックン・ロールの魔法を信じるかい~

                                               By John Sebastian

若い女の子は、魔法を真じるかい
ミュージックが始まるといつでも、彼女の心は解き放されるのさ
そうさミュージックこそがが魔法さ、演奏がいかすならね
ミュージックは昔の映画のように君をハッピーにさせるよ
ミュージックの魔法について教えてあげよう、そいつは君の魂を解放させるのさ
でもそれは知らない人にロックンロールを語ろうとするようなものさ

君が魔法を信じるなら、選ぶに悩むことはないよ
そいつがジャグバンド・ミュージックやリズム・アンド・ブルースならね
微笑みとともに演奏が始まれば、近づいて行って耳を傾けるんだ
どんなに頑張ったって、君の額の汗を拭いとることはできないさ
君の足はタップを踏み始め、君はどうしてそこにいるかも
分からなくなる、ミュージックは君の心をうっとりさせるのさ

君が魔法を信じるのなら、僕と一緒に出かけようよ
僕たちは朝まで踊ろうよ、君と2人っきりで誰もいなくなるまでね
そしてたぶん、ミュージックがバッチリならね
明日君を誘いに行くね、ちょっと夜遅めだけど
踊ろうよ、ベイビー、そうすれば君もわかるさ
魔法がミュージックにあるってことが、ミュージックは僕の中にあるってことが

イエー、君は魔法を信じるかい?
イエー、君は魔法を信じるかい?
ロックン・ロールの魔法を信じなさい
君を自由にさせる魔法を信じなさい
オー、魔法について語ろうよ

君は僕のように魔法を信じるかい?
君は僕のように魔法を信じるかい?
君は僕のように魔法を信じるかい?

(NO.106)

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

愛は風にのせて(Tired Of Toein' The Line)        ロッキー・バーネット(Rockey Burnette)

Rockey_burnette

【解説】昔買ったシングル盤の中のお勧め曲。ギターがジャカ・ジャカと乗りのいいロックです。80年に全米8位まで上りましたが、シングルのみでLP盤はお目にかかったことはない。世間ではいわゆる一発屋とか言われています。シングル盤のジャケット写真はオペーション・ギターを抱えて指をくるくる廻している。日本の一発屋の円広志(『飛んで飛んで....)を連想させた。ロッキー・バーネットは家柄は良く、父は『ユア・シックス・ティーン』のジョニー・バーネット、従兄弟のビリー・バーネットは、リンジー・バッキンガム脱退後のフリートウッド・マックのメンバーでもあった。

邦題は『愛は風にのせて』だが、"Toein' The Line "とは、命令に服する、習慣を守るという意味。歌詞の内容も、うるさい女から逃げる歌で、爽やかな風とは関連がない。

                ~お前からの解放~

                                                         By ROCKEY BURNETT

ねえお前
俺はお前の命令に従うのは飽き飽きだよ
なぜお前は、俺に食ってかかるのかわかんないよ
お前、お前、お前
俺を泣かせるよ

ねえお前
俺は自分の中に新しい自分を見つけたんだ
それが真実の姿かもしれないね
もうこれ以上、命令に従うのはよすよ

もう終わりだとわかっているけど
そのきざしが見えるよ
君の貴重な時間を無駄にさせないでおくれ

ねえお前
俺はお前の命令に従うのは飽き飽きだよ
君が僕と縁を切りたいなら
お前、お前、お前
立派なことをしな

ねえお前
俺はワォーキング・シューズを履いてるところだ
そしてお前を後に残して、出かけてしまうんだ

お前は俺に何度も侘び、反省をしているふりをする
でも俺の傷ついたハートを修復することはできないよ

(NO.81)

| | コメント (0)

2008年5月11日 (日)

ピラー・ツゥー・ポスト(Pillar To Post)   -アズテック・カメラ―

                 ~自由を求めて漂流~

お前は俺の前に現れ、俺が育った様を話してゆく
俺の頭の中は、懐かしい知り合いの顔で一杯になる

こんな明かりの中では、そいつは神聖なものとはかけ離れているが、そいつは貯えておいて、時間があるときに使うよ                        

お前の涙や悲しみはしょっぱい味がするが

お前は慌てて俺に寂しいバラの花をよこしてきた

お前の味気のない唇は硬く閉じられ、俺が来るのを監視していたが、出て行くのは黙って見ているんだろう

かつて俺は幸福の絶頂にいた
自由を求めてバッグに詰め込み
ふらふらと俺は漂っていただけさ
こんなつらい思い出は今の俺には何の役にも立たないが

暗い6月のようにカーテンは閉じられ
羞恥心の亡霊はここに居座り、ため息をつく
俺は寒さを愛したように、炎も愛するだろう。
「やっていいかい?」やることにいちいち許可を得る人生にも慣れてきた
もう願い事をするのはよしたぜ
ぼろを探していたが、お前のドアのところで見つけたよ
前は何でも俺に聞いていたのに、それ以上何も尋ねようとしなくなったのか

かつて俺は幸福の絶頂にいた
自由を求めて荷物をバッグに詰め込み
ふらふらと俺は漂っていただけさ
こんなつらい思い出は今の俺には何の役にも立たないが

【解説】
アズテック・カメラのデヴュー作にして最高傑作というより、ネオ・アコの歴史的名盤
『ハイ・ランド ハード・レイン』の中の、数ある名曲の中のフェイバリットな1曲。
イントロのギターの「ジャン、ジャン、ジャン、ジャン」とういう所がたまらなく乗ります。
今までになん百回聞いたかわからない。
アルバムの1曲目「思い出のサニー・ビート」から6曲目の本曲まで、すべて名曲です。
この名曲を当時若干19歳のロディー・フレイムが書きあげたというのはすごい。
2年前のロディー・フレイムの来日公演は、残念ながら「ピラー・ツゥー・ポスト」は演奏されませんでしたが。

| | コメント (0)